就職

ベトナムで就職先の見つけ方

ベトナムで仕事を先を見つける方法について紹介します。
ここで記載する方法は現地採用の方向けとなります。

ベトナムの転職エージェントを比較しているサイトも参考にしましょう。
[厳選] ベトナム転職エージェント&求人情報サイト22社を徹底比較
海外転職おすすめ転職エージェント19選

先ずは求人情報サイトで探す方法です。
海外を専門とした求人を取り扱う求人情報サイトは幾つかあると思います。
一番有名なのがカモメだと思います。中国がメインのように思えますが、ベトナムの求人も結構掲載されています。
ただ直接企業とのやりとりを行うことになるため、手間がかかるのであまりオススメはしないです。

続いてはフリーペーパーで探す方法です。
現地在住者向けフリーペーパーには求人情報が掲載されています。
後述する人材紹介会社や求人情報サイトと比べると求人掲載料は格安なこともあってか、募集されている求人情報は少し難ありの求人が多いように思います。例えば、給料や待遇面が悪くてなかなか人が集まらない仕事などです。
一番よく聞くのが、求人にお金を書けないので給料がなかなか上がらないということです。
やはり働いているからには給料が上がらないのはありえないですよね。

最後に人材紹介会社です。
海外で就職先を探すときには人材紹介会社を利用するには多くの利点があります。それはベトナムでも同じで、利点ばかりです。履歴書を提出し登録さえしておけば、自分にあった求人を紹介してもらえます。面接後、就職までの面倒な手続きのサポートはもちろんのことです。意外なとこですと給料や待遇面の交渉も行ってくれるので至れり尽せりだと思います。

日本人がベトナムで働くために必要な就職方法

近頃、ベトナム就職が人気を集めているようで毎月のように来たばかりの日本人に会うことが増えてきました。
そこで今、ベトナムで就職することを考えている人に、ベトナムで働く方法を紹介したいと思います。

ベトナムで働く前に気を付けておきたい落とし穴
日本人がベトナムで働くってどういうこと?

大まかに分けると二つです。それは駐在員と現地採用です。
それぞれについて説明しますと、駐在員というのは日本で採用されており、日本に所属する会社員として駐在するということです。この利点は、なんとも言っても給料や待遇面ですね。現地で働く一般的な人よりも給料は高く、待遇面に関しては申し分ないです。お手伝いさんがいるようなサービスアパートメントに住むことが出来るだけでなく、ドライバーが付いた社用車の利用も可能です。欠点は、どんなに生活に親しんでも任期があったり配置転換があったりと長くは住めないことがあります。またルールに縛られている場合もあります。それはバイクに乗れないなどです。
ただ友人を見ていると、上司のパワハラが凄いように思えます、日本からの出張者がいれば毎晩のように相手をしないといけませんし、飲みに行くとなると断れないようです。そういうのが好きであれば問題ないとは思います。
もう一つの現地採用は、ベトナム現地で仕事を探して働くということなので、基本的には給料が低いです。現地採用の給料の相場は1500ドルから2000ドルです。もちろん経験年数や技術によってもっと増えることもあります。ただ待遇面は海外保険以外については聞かないです。たまに家賃補助があるところもありますが、駐在員の方と比べると金額はしれています。
現地採用の良いところは、結構自由があることですね。バイクが好きであれば、乗り回しても問題ありません。

海外留学経験者も就職難に

海外の大学を卒業して帰ってきた人々は、実務経験がさほどなくても就職する時は平均よりも高い賃金を求める傾向にあります。教育訓練省(MOET)によると、2011年には9万8,536名のベトナム人の学生が海外留学をしており、2015年には12万人にまでの増加を見せました。そのうち少なくとも90%が家族からの支援を受けています。毎年、何十億米ドルというお金が、学費の支払いのために送金されています。海外の教育を受けることが優位につながると信じ、我が子を海外留学させようという保護者は益々増えている状況です。しかしアメリカから帰国したグェンクァンミンさんは、留学の経験があっても、自分に合う仕事を見つけるのに苦労したと言います。ミンさんはハノイでビジネス英語の学士号を取得し、そこで講師になる準備をしていました。そして助教授として働いている間に、アメリカの大学での2年分の奨学金を得られることになりました。アメリカで修士号を取得後、留学前に勤めていた学校で働こうとベトナムに帰国しました。しかし、キャリアプランを変えざるを得ないような問題がたくさん生じてしまったのです。

「常勤の講師に就職したのに、給料が安くてまともな暮らしができません。おまけに私には愚直な面もあり、学部長に気に入ってもらえませんでした。」と、ミンさんは説明します。

「そんなこんなで、講師としての仕事を諦めて、転職を模索しましたが、結局、自分でイングリッシュセンターを運営することにしました。」と彼は言いました。

ヅオンアインンハットさんは経営学の学士号を取得していますが、ベトナム国営企業の仕事に就くまで7ヵ月もの間無職の状態だったそうです。ニャットさんは次のように話しました。

「就職先を求め多国籍企業に応募しましたが、私には現場での実務経験があまりないと言われてしまいました。」

「採用してもらえそうなベトナムの会社もいくつか受けましたが落ちてしまいました。」

「友人から聞いた話ですが、ベトナムの会社は海外の学校を卒業した人物は、要求が強く、従順ではないのであまり採用したがらないそうです。」

キャリアリンク社のマイ氏によると、海外留学経験者は初めての就職時に平均よりも高い賃金を要求する傾向にあるそうです。しかし、報酬は彼らが持つ学位ではなく、役職や経験、会社への貢献度など他の要素によって支払われるというのです。マイ氏は、ベトナムの学生は専攻を決める際、「多数派に従う」傾向にあり、自分の能力や労働市場のニーズなどはあまり気しないと話します。結果的に、就職希望者の数が多すぎるため、就職戦線が激化するビジネス分野もあれば、労働者不足が深刻な分野も生じることとなっています。海外留学経験者は、ベトナムの学校を出た者よりも高い英語のスキルはありますが、概して彼らの間の専門知識の差は大きくはないと、マイ氏は述べました。