ダナン

日本式幼稚園がダナンで開園と日本語教師の需要が増加

ダナンと日本の繋がりが強まっていることを表すように、今年度、ダナン中心部で1歳から6歳児を対象として、みんなの日本語を使った日本語指導のもと幼稚園が開園しました。

コハスダナン幼稚園(スマイルスクール)の創設は、日本の株式会社JPホールディングスによって行われ、30万米ドルの投資がされています。200名の園児を受け入れており、英語での教育プログラム、体操、音楽、日本文化についての授業が行われます。JPホールディングスグループの荻田和宏社長は、今回の幼児教育事業は東南アジア、およびベトナムでも、また同グループにとっても初めての試みだと話しました。同社長によると、この事業は、幼稚園のレベルから質の高い教育を施すことで、ダナン、およびベトナムでの社会経済の発展に貢献できるだろうとのことです。

2017年から2019年にかけて3つの段階をへて展開させ、国際教育のスタンダードをベースとした600名の子供達を受け入れられる設備を提供していきます。JPホールディングスは質の高い教育に投資することを焦点に、これまで220の教育事業を手掛けてきました。

2012年から2020年のダナン市の外国語指導プログラムによると、前期中等学校の何校かで日本語の授業が行われており、日本語教師の採用が増えています。昨年、日本の教育関連企業である株式会社リバネスが、株式会社セルフウィングベトナムと提携し、ダナンの前期中等学校の教育のための調査研究試験事業をスタートさせました。

ダナン市は今、160の日本からの投資事業と37の代表者の拠点となっており、総投資額は5億ドルに昇っています。日本のルートイングループは、この手の事業としては初となる沿岸リゾートの開発も行っており、総額1,800万米ドルの投資が行われました。2014年に、市はすでに週7便のダナン市と日本の成田空港を結ぶ直行便、週4便の大阪との直行便の運航を開始しています。

最近行われた市の上層部による会合で、昨年着任の梅田邦夫在越日本大使は、ダナン市の観光業の後押しと、日本と都心部の親交を深める一手段として、日本がダナン市に領事館を置く計画があると述べました。

ダナンで海外からの投資が急増

セントラルシティーでは新たに43の外国直接投資(FDI)事業を取りつけました。ダナン投資促進・支援局のグェンキーアン副局長によると、投資額は今年初めからの8ヵ月で6,000万米ドルに相当し、昨年同時期の4.6倍に昇るとのことです。また、FDIプロジェクトの5つは、投資資金を総額90万ドル近く上乗せしました。アン副局長は、観光不動産・サービス事業が、新たなFDIプロジェクトの60%を占め、製造業が40%であると述べています。

現在ダナン市には、主に観光業、サービス業、資産、産業の分野で461のFDI事業が集まっており、投資額は36億米ドル以上に昇っています。シンガポールのダナンへの投資額が最も高く、FDI事業のうちの23事業が7億1,700万米ドル相当の投資を行っています。一方、日本は134事業が投資を行っており、投資総額は5億9,800万米ドル相当です。

アメリカは3番手に位置づけ、46事業が5億1,700万米ドル、続いて韓国が2億4,460米ドルの投資を行っています。ダナンではハイテク系企業や、ハイクオリティ成長サービス業への投資を、パブリックプライベートパートナーシップ(PPP)の形で奨励しています。廃棄物処理関連業、インフラ開発業、太陽光および水力発電業も同様です。

ダナン市はPPPの形で投資を受ける68事業のリストを発表していますが、そのうち22の事業がハイテク部門でした。それらの事業が2017年から2020年の間に国内外の企業に求める投資額は140億米ドルとなっています。

ダナン市のハイテクパークは、2013年に市に西20kmにあるホアヴァン地区に作られた工業地区ですこの工業地区には日本から2事業、国内から4事業の合わせて6事業が集まり、その投資額は1億8,000万米ドル相当です。グリーンテクノロジーとハイテク事業の中枢として作られたこの地区は、日本やタイ、韓国などからの投資事業をさらに必要としています。

ダナンでは韓国や日本からの更なる投資を求めています。今年9月初旬に韓国で行われた投資促進イベントで、Acro Engのリー・ホスン社長は、同社がダナン市のハイテクパークへの投資について考えていると述べました。ダエハンA&Cグループもまた、地下街や娯楽複合施設などを手掛けるロータススクエアプロジェクトへの投資を計画中です。
8月には、ダナンと韓国のテグ市、日本の大阪を結ぶ直行便の運航が始まりました。

ダナン市の観光課によると、コリアからダナンへの運航は毎週12便で、乗客平均1,500名の搭乗が見込まれるとのことです。ダナンと韓国のキョンサン氏は昨年、コスメティック産業での発展と協力についての理解の基本合意書に署名を行いました。昨年の韓国からの観光客数は、ダナン市を訪れる外国人観光客で2番目に多く、44万3,000人を上回り、ベトナムを訪れる外国人観光客の20%を占めました。

9月14日木曜日には、日本で投資促進イベントが催されました。そこではダナン市行政の代表者が日本の事業組合や各事業に、ハイテク農業やインフラ事業、港湾建設、グリーン産業への投資の要請を行っています。市側は、総合金融機関とダナンでの投資家サポートを行う日本専用デスクを設立し、日本の事業にとって好条件と優先権を得られるよう提示しました。川崎重工と三菱グループはこれまでも港湾建設、電気自動車、地下鉄事業への投資をしています。日本製の商品は市の輸入製品全体の37%、日本のFDI事業からの工業生産の値の30%を占めています。

本年初頭、日本のルートイングループは、投資総額1,800万米ドルで、この手のホテル事業ではベトナムでも初となるプロジェクトをダナンで開始しました。FPTソフトウェアダナン支社では、2016年に日本と提携して、1万人ブリッジソフトウェアエンジニアリング育成(BrSE)プログラムをスタートさせています。

2014年にはダナン市は高校や大学で日本語教育を含むカリキュラムも始めており、日本語人材の育成に励んでおります。ダナンはベトナム中央部に位置し、ラオス、タイ、ミャンマー、ベトナムを繋げる東西アジアの経済回廊地帯でもあります。ビンディンの工業団地や、クアンナム、クアンガイと同様、ダナンもこれから輸出品や地元製品、地方市場が伸びていくでしょう。

ダナン(1)市内観光

ダナンは本物のローカル料理が楽しめる街でもあります。他の都市と比べて観光客が多くないので、地元の人たちの暮らしぶりは、長年変わらずにいます。市場には屋台が多くみられ、ハン川沿いでは、ミークアン(クアンヌードル)が売られています。

ロマンチックなシチュエーションを作りたいなら、ハン川下りのディナークルージングを予約すると良いでしょう。ミーケービーチ沿いには数々のレストランがあり、選びたい放題です。

「ミーハン」のような有名なお店では、値段は高めですが、好きな人にはたまらない新鮮な海鮮を頂くことができます。

おそらく、ダナンはベトナム人の間では、不動産と個人資産の急成長が著しいことで知られているでしょう。ビーチの砂洲は、ライフスタイルリゾートからホイアン市との境まで伸びていて、完全に私有地化され、大部分の土地がビーチリゾートや海沿いの別荘の建設が行われています。観光客にとってはベトナムで一番のビーチでバカンスを楽しめる場所ができているということです。

つまり、ダナンはリゾート地として絶対的な地位を誇るニャチャンを凌ぐ、豪華なMICEの目的地として名を上げつつあるのです。

ダナンのリゾートは、プライベートビーチ、ワールドクラスのサービス、そして芸術的ともいえるデザインの別荘があり、世界で最も美しいリゾート地のリストに入っています。フラマリゾート、フュージョンマイア、ヴィンパール・ラグジュアリーが有名どころです。

多くの観光客が訪れ、お薦めの場所として紹介してくれています。ダナンはある意味、平凡とも言えますが、深く掘り下げてみると、格別だと感じてもらえます。