ムイネー生活・就職ガイド

ベトナムの観光地について、ベトナムでも最高に美しい海辺のあるムイネーをなくして語ることはできません。ムイネーは、ホーチミン市からバスで4時間ほどのビントゥアン省の首都ファンティエットにある沿岸リゾートタウンです。

ムイネーという名前の由来には諸説あり、1つは昔の漁師が起源というものです。漁師たちが海上で嵐に遭ったときに風雨から身を守るために利用した岬のことをベトナム語で「ムイ」、また「隠れる」ことを「ネー」と表したそうです。2つ目は、この地域の領主であったチャム王の末娘の名が由来であるというものです。王の末娘は別名「ネー」と呼ばれ、彼女を祭るお寺が岬に建立されたことから、「ムイネー」となったという説です。

ムイネーで、日本人が就職先を見つけるのは凄く困難です。リゾート地になりますので、就職先はホテルでの仕事になります。しかし、まだまだムイネーは日本人にとってはメジャーなリゾート地ではありません。そのため、日本人観光客の絶対数が少なく日本人向けガイドや日本語が話せるホテル従業員の需要がありません。
そのため日系人材紹介会社の進出はなく、求人情報サイトでの募集を見かけることはありません。
もし、どうしてもムイネーで働きたい場合は、自ら起業をすることが良いと思います。

<ムイネー生活・就職お役立ちガイド>
①カフェ・レストラン
foodyでムイネーの美味しいレストランを探す (英語ページ)
②仕事・就職
ムイネーの日本人向け求人情報が見つかりませんでした。
③地図

ムイネーをもっと詳しく知る