ホイアン(1)市内観光

ホイアンの宿泊施設は、1日8ドルほどで泊まれる安価なモーテルから、東南アジア最高峰と謳われる、600ドルから宿泊可能なナムハイリゾート周辺の6つ星クラスホテルまで様々です。

ベトナムの国土は広くはありませんが、観光地では特に宿泊客のためにいつも十分な部屋を用意しています。ホイアンの生まれた成り立ちのように、今この街の貿易も好景気に恵まれています。街で売られている物は、土産物、衣類、食品の3つのカテゴリーに分けられ、食品については西洋のものとベトナムのものが楽しめます。

土産物は、ベトナム中で似たようなものが手に入るので、特筆する点はないでしょう。ホイアンは仕立て屋が有名で、ひとりひとりあつらえてくれます。観光客の間では、のんびりした街で何もしないで1週間も過ごせば、自分にぴったりフィットする完璧なシャツを作ってもらえると噂されています。デザインの多くは伝統的なベトナムの民族衣装を基調としていて、現代風のアレンジと海外のテイストも入れてくれます。ホイアンでは手頃の値段のお店が多くあり、欧米からの買い物客は、独特のオリエンタルな感覚に触れることができます。

本格的なベトナム様式のお店では欧米の料理など見つけることは決してないと思われるでしょうが、ホイアンではそのようなことはありません。この街には様々なレストランがあり、地元の料理メニューは少しだけで、心のこもったアメリカの食事がたっぷり楽しめます。地元の人々は、古民家を改築したレストランより、歩道沿いの露店の方が好みのことが多いです。

ホイアンでもいつでもベーコンは手に入りますが、カオラウはここでしか食べることのできない一品です。値段もサービスも、ハノイやホーチミンのような有名都市と同じようなもので、ちょうど良いと言えるでしょう。ただ、都会の商売人のような人は見られず、ホイアンのお店の人々はうららかな表情のままです。

日々の生活は平穏無事に流れるように送られ、人々はその時その時をゆったりと、ありのまま楽しんでいるようです。海外からの旅行客は古き良き生活を体験しにやってきますが、ベトナム国内の地元の人々もホイアンには、忙しい日々の命の洗濯に訪れます。

また、心の穏やかさが見られるのはホイアンにいる時で、逆にお金のやり取りが主体の忙しないビジネスエリアでは、心の平静を保つことはたやすくありません。このような真逆の現実は、ホイアン周辺でも起こっています。ホイアンは残念ながらベトナムで最も貧しい省に位置しており、小さな街が観光で潤う一方で、クアンナム省の人々の生活水準は貧困の域に達しています。

ダナン空港からの車の移動や、ホイアンへ向かう駅から見る周りの景色が、静かにその悲しい現実を物語るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です