ホーチミン市、タインホア市がFDI誘致の筆頭に

今年に入って9月までの間に、海外の投資事業は、ベトナム全土の59の省と都市への投資を行ってきています。最も多くの投資額がつぎ込まれているのは、ホーチミン市、タインホア市、バクニン市です。255億米ドル近くにも及ぶ外国直接投資(FDI)が、今年初めから9ヵ月の間にベトナムに行われ、昨年の同時期を34.3%上回りました。

外国投資局によると、今年9月頃にはおよそ125億米ドルが支払われており、こちらも昨年の同時期を13.4%を上回っているそうです。総額255億米ドルのFDI資本の内訳は、1,844の新規認可事業に投資された145億6,000米ドル相当の新規登録資本で、30.4%の年間収益の増加となっています。また、67億5千ドル相当の追加資本で、既存の878事業に投資されており、こちらも28.3%の年間収益の増加です。そして残りの41億6,000万米ドル相当のFDIは海外の投資家たちが買い付けた会社株式です。

外国投資局は、最大の海外投資の誘致に成功した加工・製造部門は、FDI登録資本の総額が126億4,000万米ドルとなっており、今年初めから9月までの登録資本総額の49.6%を占めています。電力発電・供給部門は、FDI登録資本が53億7,000万米ドルで2番手につけており、登録資本の総額の21%を締めています。

続く3番手は卸売・小売業部門で、FDI登録資本が15億8,000万米ドルで、登録資本総額の6.2%となっています。日本は投資資本の総額が2番目に多く、全体の23.17%を占める59億1,000万米ドルの投資が行われています。続いてシンガポールが3番目に多く、投資資本の総額の16.2%を占める41億4,000万米ドルが投資されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です