ホーチミン(2)オススメレストラン情報

ホーチミンでの食事
サイゴン(ホーチミン)にいてお腹が空くなんてことはそうそうありません。予算の心配も無用です。多くの人々がビジネスでサイゴン地区を訪れるため、その経費での食事を目当てに、かなり高級ではありますが、たくさんのエレガントなレストランが生まれました。この地域ではメキシコ料理のエンチラーダから点心料理まであらゆる料理が楽しめます。でも、上述のエレガントな店の多くは、従業員は高飛車だし、食事もまずまずといったところなので、よっぽど暇でなければ、わざわざ訪れるほどでもないでしょう。

ビジネスエリアに出店しているベトナム人経営のレストランの多くはかなり欧米化されています。ドンコイ通り93番地‐95にある「ベトナムハウス」は見事な装飾が施されています。そこでなら、素晴らしいサービスを受けられますし、生演奏も聴くことができます。とてもオススメです。

本場のベトナム料理を楽しみたいなら、観光客向け高級レストランよりは、現地の人々が訪れるレストランでの食事をお薦めします。サイゴン(ホーチミン)では毎晩、財布に優しい食事とウィスキーでハッピーになれます。

ホーチミングルメで外せないのはディンコンチャン通りのバインセオ(ベトナム風パンケーキ)「バインセオ46A」で、他では味わうことのできない一品です。この通りを少し下ると、屋外のキッチンを囲んで大勢の人々が食事をする様子が見えます。

メニューはバインセオなどバライエティ豊富ですが、ベトナム語の発音が難しく初めてでは通じないことが多いので、周りの人が食べている物を見て指をさす方が簡単です。

ホーチミンでは海鮮料理以外は他の料理もお手頃です。量が多いので、一皿頼んで、足りなかったらもう一皿というように様子を見ながら注文すると良いでしょう。こじんまりとしながらも華やかな「フースアン」では、ベトナム最後の王朝が置かれていたフエの宮廷料理が楽しめます。サイゴン(ホーチミン)の料理とは異なり、風味豊かで絶妙な味付け、盛り付けも綺麗です。屋台よりは出費も大きいですが、ロマンチックな夕食や、ちょっとしたパーティー向きで、リラックスした気分を味わえます。

最後に紹介するのは、3区のリーチインタン通り7番地のビン スープショップです。

1975年に北ベトナム軍の戦車が駆け抜け戦争に終止符を打つまでは、ベトコンのスパイがこの小さな店を上層部との密会場所として利用していました。何も知らないベトナム人やアメリカ人にフォーを振る舞いながら、この店の店員がサイゴン陥落(ベトナム人にとってはサイゴン解放)に繋がる破壊工作を計画していたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です