ホーチミン生活・就職ガイド

かつて香港やバンコクを凌駕するほど贅を極めたホーチミンは、極東のダイヤモンドとも称されました。今ではベトナムで最も人口の多い都市となっています。近代的な高層オフィスビル群が、オリエンタルな仏塔や通り沿いの屋台に囲まれ、都市部を独自の活気が溢れるものにしています。シンガポールほど潔癖でもなく、インドのような荒廃エリアもありません。ホーチミン市の建造物や生活スタイルは、アメリカや中国の影響が融和されていて、近代的な要素もあちこちに見られます。また同時に、ベトナム民族の特徴や伝統も決して失われることなく残っています。

統一会堂は、ベトナム戦争で要所となった建造物で、その記録も見ることができますので、ぜひ足を運んでみてください。そこまででもないなと感じた時は、市内には多くの博物館があるので、そちらを訪れてみるのも良いかもしれません。
博物館の中でもお薦めなのが、ホーチミン市立博物館、革命博物館、ベトナム歴史博物館の3つです。
歴史の方はあまり…という方は、1区を訪れると今のベトナムの経済発展の躍動感を感じられるでしょう。

通り沿いには常緑樹の植え込みがあり、地図を片手に散策を楽しめます。ベトナムのとんがり帽子「ノンラー」をかぶった行商たちが通りで飲み物などを売る中、ウォール街並みにおしゃれな人がたくさん通り過ぎていきます。1区内での主な観光スポットは、サイゴン中央郵便局(フランス植民地時代の建造物)、ノートルダム大聖堂、ベンタイン市場などです。

ホーチミンはベトナム一の娯楽の街でもあります。代表的なテーマパークとしては、ダムセン公園、スイティエン公園、ダイナム公園の3つが有名です。動物園や緑地公園、ウォーターレジャー施設や様々なアトラクションが楽しめる複合的テーマパークで、ファミリーには最適でしょう。ベトナムでは、この複合的テーマパークがディズニーランド的な存在です。アンデルセン童話の代わりにベトナムの童話が盛り込まれていて、それらを愉しみながらベトナムの文化や伝統を知ることもできます。

ホーチミンがライバル的存在のハノイに勝るところと言えば、何といっても賑やかな夜です。バーは遅くまで開いているし、お店のスタイルも様々。さらに、ホーチミンにはベトナムや海外アーティストの生パフォーマンスが楽しめるティーハウスが多くあります。気分転換に地元の人が行くところを訪れるのも良いでしょう。通りの夜店で、ドリンクやおつまみを頼んで、深夜まで会話を楽しめます。

ホーチミンは旅で訪れるだけでなく仕事をするにも適している街だと思います。いたるところにあるカフェがではWiFiが無料で使えるのでビジネスをするには最適だと言えます。またオフィスが中心部に集まっているので行動がしやすいです。
ホーチミンはフリーランスで仕事をする人だけでなく、定住して仕事を見つけるのにも適しています。それは、ベトナム最大の商業都市であるホーチミンには、日系企業だけでなく多くの外資系企業が集まっています。そのため、就職先を見つけるのも難しくありません。求人情報サイトで見つけるのもよし、人材紹介会社に登録して仕事を見つけるのもよし、自分の望む就職先を見つけることが出来る可能性がベトナムの中ではホーチミンが一番高いと思います。

<ホーチミン生活・就職お役立ちガイド>
①カフェ・レストラン
foodyでホーチミンの美味しいレストランを探す (英語ページ)
②仕事・就職
キャリアリンクベトナムでホーチミンの日本人が働ける就職先を探す
③地図

ホーチミンをもっと詳しく知る