日本式幼稚園がダナンで開園と日本語教師の需要が増加

ダナンと日本の繋がりが強まっていることを表すように、今年度、ダナン中心部で1歳から6歳児を対象として、日本指導のもと幼稚園が開園しました。

コハスダナン幼稚園(スマイルスクール)の創設は、日本の株式会社JPホールディングスによって行われ、30万米ドルの投資がされています。200名の園児を受け入れており、英語での教育プログラム、体操、音楽、日本文化についての授業が行われます。JPホールディングスグループの荻田和宏社長は、今回の幼児教育事業は東南アジア、およびベトナムでも、また同グループにとっても初めての試みだと話しました。同社長によると、この事業は、幼稚園のレベルから質の高い教育を施すことで、ダナン、およびベトナムでの社会経済の発展に貢献できるだろうとのことです。

2017年から2019年にかけて3つの段階をへて展開させ、国際教育のスタンダードをベースとした600名の子供達を受け入れられる設備を提供していきます。JPホールディングスは質の高い教育に投資することを焦点に、これまで220の教育事業を手掛けてきました。

2012年から2020年のダナン市の外国語指導プログラムによると、前期中等学校の何校かで日本語の授業が行われており、日本語教師の採用が増えています。昨年、日本の教育関連企業である株式会社リバネスが、株式会社セルフウィングベトナムと提携し、ダナンの前期中等学校の教育のための調査研究試験事業をスタートさせました。

ダナン市は今、160の日本からの投資事業と37の代表者の拠点となっており、総投資額は5億ドルに昇っています。日本のルートイングループは、この手の事業としては初となる沿岸リゾートの開発も行っており、総額1,800万米ドルの投資が行われました。2014年に、市はすでに週7便のダナン市と日本の成田空港を結ぶ直行便、週4便の大阪との直行便の運航を開始しています。

最近行われた市の上層部による会合で、昨年着任の梅田邦夫在越日本大使は、ダナン市の観光業の後押しと、日本と都心部の親交を深める一手段として、日本がダナン市に領事館を置く計画があると述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です