日本人がベトナムで働くために必要な就職方法

近頃、ベトナム就職が人気を集めているようで毎月のように来たばかりの日本人に会うことが増えてきました。
そこで今、ベトナムで就職することを考えている人に、ベトナムで働く方法を紹介したいと思います。

大まかに分けると二つです。それは駐在員と現地採用です。
それぞれについて説明しますと、駐在員というのは日本で採用されており、日本に所属する会社員として駐在するということです。この利点は、なんとも言っても給料や待遇面ですね。現地で働く一般的な人よりも給料は高く、待遇面に関しては申し分ないです。お手伝いさんがいるようなサービスアパートメントに住むことが出来るだけでなく、ドライバーが付いた社用車の利用も可能です。欠点は、どんなに生活に親しんでも任期があったり配置転換があったりと長くは住めないことがあります。またルールに縛られている場合もあります。それはバイクに乗れないなどです。
ただ友人を見ていると、上司のパワハラが凄いように思えます、日本からの出張者がいれば毎晩のように相手をしないといけませんし、飲みに行くとなると断れないようです。そういうのが好きであれば問題ないとは思います。
もう一つの現地採用は、ベトナム現地で仕事を探して働くということなので、基本的には給料が低いです。現地採用の給料の相場は1500ドルから2000ドルです。もちろん経験年数や技術によってもっと増えることもあります。ただ待遇面は海外保険以外については聞かないです。たまに家賃補助があるところもありますが、駐在員の方と比べると金額はしれています。
現地採用の良いところは、結構自由があることですね。バイクが好きであれば、乗り回しても問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です